高麗人参で二日酔いを予防!飲みすぎても後悔しないために

飲みすぎた翌日に悩まされるのが二日酔いですよね。
万能食材である高麗人参は、二日酔いにも効果的なんです。

この記事では、高麗人参がどのようにして二日酔いに効くのかを解説していきます。

二日酔いになるのはお酒の分解能力次第

二日酔いの原因は飲みすぎです。
翌日の朝までアルコールが残ってしまうほどお酒を飲んでしまい、肝臓の分解能力が追い付かなくなっている状態です。
頭痛、胃痛、胸やけ、吐き気などの症状があります。

高麗人参は昔から親しまれてきた万能食材

高麗人参のことはご存知ですか?
実は、2000年前の中国の古典書に記述があったほど歴史のある食材です。
現在でも、その栄養価の高さから、世界中で人気があります。

高麗人参がお酒の分解をサポート

高麗人参は、アルコールの分解を行うADH*とアセトアルデヒドを代謝するALDH**の活性を増加させます。
アルコールを分解する酵素の働きによって、アルコールは水や二酸化炭素となって、排出されます。
さらに、高麗人参には肝臓の負担を減らしてくれる働きもあります。

特にお酒を飲む1時間くらい前に高麗人参を摂れば、効果が最大限に引き出されるそうです。

*アルコール脱水素酵素
**アセトアルデヒド脱水素酵素

普段から高麗人参を取り入れてお酒を楽しもう

お酒を飲みすぎてしまうと、体がアルコールを分解できる量を超えてしまい、翌日になってもアルコールが体内に残ってしまいます。
その結果、頭痛や胃痛、胸やけ、吐き気などといった症状が起こります。

高麗人参にはアルコールを分解する酵素を活性化させる働きがあります。
アルコールの分解が促進されれば、二日酔いにもなりにくいですよね。

お酒が好きな人ほど普段から高麗人参を摂取して、楽しくお酒をたしなみましょう。