自律神経の乱れが気になる人には高麗人参がオススメ

ストレス社会と言われる現代社会では、ストレスが原因で自律神経のバランスが乱れてしまう人も多いのではないでしょうか?
実は、自律神経を調整するのに高麗人参が効果的なのです。

この記事では、高麗人参が自律神経にどう影響を与えるかについて、解説していきます。

高麗人参とは?どんな成分が含まれているのか?

高麗人参とは?昔からある高貴な万能食

「高麗人参」はご存知ですか?
名前なら聞いたことあるという方も多いでしょう。

普段私たちが食べているニンジンとは別の植物で、ウコギ科のハーブの一種です。
ちなみにニンジンはセリ科です。

2000年前の古典書に記載されているほど昔からある食材です。
アジアの極東地方の山岳地帯でしか自生されないため、収穫が難しく貴重なものでした。
その栄養価の高さから世界中から人気を集めています。

ジンセノサイドと呼ばれるサポニンが高麗人参にたっぷり

高麗人参の根の部分には、ジンセノサイドと呼ばれる成分が多く含まれています。
この高麗人参特有のサポニン群を約40種類含有しています。

その他には炭水化物、各種ペプチド、アミノ酸類、核酸類、各種ビタミン、各種ミネラルなども含まれています。

高麗人参は自律神経を整える健康素材

自律神経の乱れは様々なストレスから

過度なストレスを受けると、脳内の視床下部という領域からストレスホルモン「コルチゾール」が分泌されます。
このコルチゾールが過剰に分泌されてしまうと、交感神経を刺激します。

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられます。
活動的なときは交感神経が活発になり、リラックスしているときは副交感神経が活発になります。
交感神経と副交感神経をしっかりと切り替えることで心身ともに健康を保っています。

しかし、ストレスを感じ、コルチゾールが交感神経を刺激してしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
自律神経のバランスが崩れると、心身のバランスが乱れてしまい、免疫力の低下などにつながります。

自律神経を整えるジンセノサイド

高麗人参に含まれるジンセノサイドは、体内の状態を正常に維持しようとする「恒常性」の働きをサポートしてくれます。
交感神経の働きを高める役割と副交感神経の働きを高める役割、どちらもジンセノサイドは持っています。
その働きが複合的に働くことで、乱れた自律神経が整います。

ホルモン分泌をサポートしてくれることで、免疫力も高めてくれます。
心身ともに健康に近づくことができますね。

高麗人参が自律神経を整えてくれるまとめ

心身ともに健康になるためには、自律神経自律神経を整えることが大切です。

高麗人参の有用成分である「ジンセノサイド」には、自律神経を整えてくれる役割があります。

過度なストレスを感じている方ほど、高麗人参を試して自律神経を整えてみてください。