神経痛に苦しんでいる方には高麗人参がオススメ!

比較的寒い時期に起こりやすい神経痛。
高麗人参が神経痛に効果的ということをご存知でしたか?

この記事では、高麗人参が神経痛に効果的な理由を解説していきます。

高麗人参とは?昔から親しまれている万能食材

高麗人参は、オタネニンジンという和名をもつウコギ科のハーブの一種です。
私たちが普段食べているニンジンはセリ科で、まったくの別物です。
アジアの極東地方にだけ自生する植物で、栽培には4~6年の歳月が必要とされています。
しかも一度収穫すると、その土地では10年は育たないと言われるほど土の養分を吸い尽くします。
その栄養価の高さから高貴な健康食材として重宝されてきました。

辛い神経痛が高麗人参で和らぐ!その理由とは?

神経痛は放っておくと生活に支障も出て危ない

神経痛は、特定の末梢神経の領域におこる痛みを総称してさします。
神経が圧迫・刺激されることによって、しびれるような痛みが起こります。
神経痛の中でも多くみられるのが坐骨神経痛です。
お尻やふともも、すね、ふくらはぎ、足にかけて鋭い痛みやしびれるような痛み、ふくらはぎのハリなどが現れます。
腰を動かすと足の痛みが激しくなったり、立っているだけでも足が痛んで立っていられなくなったりすることもあります。
放っておくと、安静にしてもお尻や足が痛んで眠れなくなり生活に支障が出てしまうこともあります。

高麗人参が神経痛を和らげる仕組みとは?

神経痛が起こるときは、たいてい筋肉が緊張しています。
硬くなった筋肉が神経を圧迫するために、痛みが起こります。
そのため、筋肉が和らげば痛みも和らぐ可能性が高いです。

高麗人参には自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整える作用があります。
交感神経の異常な興奮を抑えることもできます。
そのため、交感神経が活発化して筋肉が緊張しているときに、高麗人参が交感神経を抑制し、症状を和らげることができます。

さらに高麗人参には、血流を良くする効果が期待できます。
血流が良くなると傷んだ部分修復する働きが高まります。
そうすることによって、回復が促進されます。

神経痛でお悩みの方は高麗人参で改善しよう

神経痛はそのままにしておくと生活に支障が出てしまう危ない症状です。
高麗人参には、神経痛を和らげる効果があります。
筋肉の緊張をほぐすことで神経の圧迫が収まり、痛みが軽減されます。
さらに、高麗人参が血行をよくして回復を早めてくれます。

日常に高麗人参を取り入れて、痛みとおさらばしたいですね。